読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まぁ~のんびりやりましょうや

ゲームや自作PCを中心に日々のことを書いてます

ルガディンからルガディンへ幻想(FF14)

ゲーム FF14

皆様いかがお過ごしでしょうか?マイネです。

三が日は比較的暖かかったのにここ数日寒さが増してますね。

インフルエンザも流行っているみたいですし、

お出かけの際は暖かい服装で体を冷やさないようにしましょう。

 

さてさてFF14ですが、

年末のセールの時に幻想薬5個セットを買いました。

怒濤の勢いで色んな種族に変更して、

最終的にいつものルガディンに戻ったわけなのですが、

幻想薬が1個余ってしまいました…。

別の種族に変更しても結局はルガディンに戻してしまうので、

そうなると幻想薬を1つ購入しなければならずそれはもったいないなと思い、

 

「ルガディンからルガディンに種族変更なら問題ない!!」

 

と言う結論に至りました。

正確には、「ゼーヴォルフ」から「ローエンガルデ」に変更。

 

ゼーヴォルフとローエンガルデ

ルガディンには2種類の部族、「ゼーヴォルフ」と「ローエンガルデ」があります。

ゼーヴォルフは海洋地域、ローエンガルデは山岳地域で活動していたルガディン。

リムサ・ロミンサではゼーヴォルフ、ウルダハではローエンガルデが定住。

肌の色も違い、ゼーヴォルフは青白い肌に対して

ローエンガルデは赤茶色な肌をしています。

 

初期パラメーターでの違いは、

ゼーヴォルフがローエンガルデと比べて物理攻撃のパラメーターが高く、

ローエンガルデがゼーヴォルフに比べて魔法攻撃のパラメーターが高いです。

 

画像で比較

二つの部族を画像で比較してみます。

まずはゼーヴォルフ

 

f:id:meine9407:20170107085848j:plain

 

そしてローエンガルデ

 

f:id:meine9407:20170107085932j:plain

 

………正直見分けがつきません…(^^ゞ

ヒューランの「ミッドランダー」と「ハイランダー

くらいの差があるのではないかと期待していましたが、

全くと言って良いほど差がありませんでした。

どちらもルガディンだと言う事だけははっきりわかります(^^)

 

そもそもなぜルガディンを使っているのか

私がなぜここまでルガディンにこだわっているのかとい言うと、

 

「他人と同じものだとつまらない!」

 

この理由につきると思います。

最初FF14をプレイしだした頃は、「ミコッテ(サンシーカー)」でした。

ヒューラン(人間タイプ)はありきたりだし猫っぽいミコッテにしよう。

ミコッテを選んだ理由はそんな感じです。

それからFF14をプレイしていくうちに、

「ミコッテってどこに行ってもいるなぁ…」

と気がついてしまいました。

これでは個性も何もあったものではない!!

そんな風に考えるようになってしまい幻想薬を消費して色々な種族に。

 

●ヒューラン(ミッドランダー)は走ってるときの姿勢が良すぎ

●ヒューラン(ハイランダー)はムキムキマッチョマン

アウラ(レン&ゼラ)は角と鱗

●ララフェルはちっちゃい

●エレゼンは首が長い

●ルガディン(男)は妖精さん

 

FF14に存在する種族すべてに幻想をしてああでもないこうでもないと自問自答。

そして最終的にルガディン(女)になりました。

 

ルガディン(女)通称ルガネキ

ルガディン(女)はルガメスやルガネキと呼ばれることが多いです。

色んな種族に幻想して、最終的にルガネキに落ち着きました。

ルガネキはエオルゼアの中でもプレイヤー人口が少なく、

希少価値が高いという記事をどこかのブログで見ました。

大多数と同じじゃつまらないと考えていた私にはぴったりだったわけです。

当初ルガネキにしたときは、目立つしネタキャラ的にもいいねって感じでした。

不思議なものでずっと使っているうちに愛着がわいてきて、

今ではルガネキじゃないとなんだか落ち着かなくなってしまいました。

ルガネキ愛に目覚めてしまったのでしょうね。

 

種族は個性の一つ!自分のMY種族を

私はルガネキに落ち着きましたが、

みなさんにもお気に入りの種族があると思います。

装備や髪型、顔のパーツや肌の色など自分の個性を出せる部分はたくさんありますが、

種族も個性の一つだと私は思っています。

FF14でプレイヤーが選択できる種族は6種類12部族。

色んな種族を試してみて、自分に合ったMY種族を是非探してみて下さい。

 

それでは、良いエオルゼアタイムを|ΦωΦ)ノシ